年賀状印刷はネットがおすすめ

スマホやPCから簡単申し込み
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓

毎年必ず送っているという人が多い年賀状ですが、家庭を持ったり、子供が生まれたりすると写真入りの年賀状を送るという人も多くなってきます。

写真入りの物を作ろうと思うと、自分でレイアウトを決めて、写真を張り付けてハガキサイズに調整して、宛名を入力するという手順で作らなくてはなりません。

これはかなり根気のいる作業で、一から自分で作るのはとても大変なのです。

しかし最近では年賀状印刷を請け負ってくれるネットプリント会社が多くなっています。

スマートフォンで撮影した写真を使用することもできますので、とても手軽に写真入りの年賀状を作ることができるのです。

写真を決めて、レイアウトを選択するだけでいいので、年賀状印刷が初心者の人でも簡単に作ることができるのです。

しかもネットプリントの会社は早期割引率がとても大きいので、早く頼めば頼むほど安く仕上げることができますのでとてもおすすめなのです。

画質があまり良くないと思っている人もいますが、スマートフォンで撮影した写真でもとても鮮明に印刷してもらうことができますので、写真屋などに頼むよりも手軽ですし、自宅にいながら年賀状を作ることができますのでとてもおすすめなのです。

スマホやPCから簡単申し込み
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
≪平安堂≫2016年 申年 年賀状印刷・写真年賀・喪中印刷

年賀状の自宅印刷のメリット

年賀状は、スマートフォンや携帯の普及で書く人は少なくなったとはいえ、今でも多くの人によって書かれています。

年賀状は1949年の発売以来右肩上がりに発行枚数を増やし、2003年にはピークを迎え、このころは45億枚弱ほどの発行枚数がありました。

この時期は喪中の方などを除き、書くことが当たり前の時代であったといえます。

それ以降はインターネットの普及などによって電子メールなどで新年の挨拶を済ます人が増え、2014年の年賀状発行枚数は34億枚程度度となっています。

発行枚数はこのように年代時代の変化によって変化してきましたが、書き方も変わってきました。

年賀状のタイプは、あらかじめ印刷されたものと、真っ白なものがあります。

今ままでは、あらかじめ印刷されたものを購入するか、真っ白なものを買って印刷会社に印刷をしてもらうという方法がほとんどでした。

しかし、現在では、プリンタの普及によって手軽にデザインを自分で印刷することができるようになったことから自宅でプリントをする人が増えました。

自分で印刷することはコストが安くなるというメリットがありますし、他の人とデザインがかぶることがないという大きなメリットがあります。

また、宛名書きも楽というメリットがあります。

自宅印刷ならこちら
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
年賀状・ハガキ作成ソフト「筆ぐるめ」

このページの先頭へ